著作権保護の方法

著作権が無視されて違法に動画がアップロードされている状況は黙って見過ごされているわけではありません。著作権を保護するためのさまざまな技術が開発されているのです。それらの技術は一定の成果を上げています。ただし、その技術を突破する方法が考え出されてしまい、違法に複製されてアップロードされるということが繰り返されています。そのため、違法複製を阻止するための技術の開発は今も続けられているのです。

著作権保護の技術の一つとしてDRMというものがあります。これによって動画や音声ファイルは暗号化されるため、容易に複製することができなくなるのです。複製されないということは違法コピーを防ぐことができるということであり、これによって違法アップロードを阻止することができるのです。そのコンテンツを利用するためには認証しなければいけないのです。ユーザー名やパスワードを入力しないと視聴できないようなタイプのコンテンツは増えています。これによって、実際にお金を払った人しかコンテンツを視聴できなくして、さらにはそれを違法コピーすることも防いでいるのです。
動画サイトの代表であるYoutubeはコンテンツIDというもので著作権を保護することが可能です。

これからもいろいろな著作権保護の技術が発展していくでしょう。それらの技術によって、著作権は守られていくのです。